スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by きょーこ
 
[スポンサー広告
2011年6月
6月3日
みゃあの左目が涙目。

6月4日
みゃあの足取りがふらつく。

6月5日
みゃあがケージにこもりがち。
左目の涙が増え、次第に膿化。
横たわっている様子を見ると
呼吸も深く感じる。
このままどうにかなりそうなぐらい弱る。

6月6日
朝、みゃあI病院へ。
体重2.88キロ
前回5月17日 3.24キロ
血液検査の結果
BUN96.0 CRE3.7
前回2月4日
BUN44.3 CRE1.9

腎不全が進行している。
少しでも食べることを優先して
コバルジンを混ぜなかったのが裏目に出てしまった。
白血球数18400(少し高め)
赤血球数528000(範囲ぎりぎり)
貧血を起こしているとのこと。
腎不全の進行からくる貧血ではないかということ。
皮下点滴。
点眼薬。
楽になったのか
夕飯はかなり食いつく。

6月7日
みゃあ。朝はあまり食べない。
夕方I病院へ点滴を受けに行く。
体重2.92キロ
前日2.88キロ
前夜食べたのと点滴の分で体重は若干増加。
前日は左側に針をさしたので
この日は右側で点滴処置。

6月9日
朝。久しぶりにみゃあが
ごはん場所でカリカリを食べる。

6月11日
刺身をよく食べる。

6月12日
食いついていた刺身を食べなくなる。
夜。食べたそうに顔を上げるのに
舌が出ない。食べられない。

6月13日
早朝。みゃあのおしっこの出が悪いので
朝9時、皮下点滴に行く。
右側に200ml。
体重2.88キロ
夕方になってもみゃあはしんどそうで食べない。
きびなご2尾と釜揚げしらすとちくわを少し。
缶フードに足した水だけを飲む。

6月14日
朝7時、みゃあが「いつもの」顔をして
こっちを見ていることに気づく。
気分が良さそうで
久しぶりにごはん場所へ登場。
が、缶フードには全く口をつけない。
ハウスに戻ったみゃあに届けると
きびなごと甘えびの刺身を少し食べる。
刻みちくわ入りの水をごくごく飲む。
夕方、久しぶりにタワーの最上部で寝ている。
夕飯、缶フードには口をつけない。
帆立、甘えび、ちくわを少し食べるだけ。
太刀魚の刺身は1切れ食べて後は全く。
しるしるモンプチ(水を)だけを飲む。
a/d缶は好きでないみゃあだが
指ごはんで少し食べてもらうようにする。

6月15日
今日も気分は良さそう。
夜中には枕元へやって来て
手枕に目を細め喉をならす。
モンプチパウチのとろみを舐めとる。
水を足すと水をごくごく飲む。
夕方はまぐろの刺身を少し食べる。
普通缶に水を足したものにも
珍しく口をつける。
目がぱっちり開いている。

6月16日
夕方、皮下点滴。左側に200ml。
体重2.76キロ
みゃあの口が臭う。
これがアンモニア臭?
体温38.5℃。体温低下は見られない。
帰宅するとトイレでりきむみゃあ。
ふらつき力強く力めず
最後のひと欠片が肛門から出ず
吐き気をもよおすが嘔吐物はない。
呼吸が乱れている。
水を飲まない。
脂ののったハマチの刺身を2切れ食べる。
右目からも涙のような目やにが出る。
深夜になってもしんどそうなみゃあに
大好物の味海苔を見せると立ち上がり食べる。

6月17日
朝。出切らないうんちがやはり気になるみゃあ。
疲れ果ててトイレの中でうずくまる。
刺身類もパウチ水にも口をつけない。
a/d缶を少し口に入れるが
何回か飲み込むのに苦労する。
そのあとパウチ水にやっと口をつける。
夕方帰宅すると通常のトイレ場所のトイレに
小さなうんちがしてある。
今日のは脂ののりが悪いのかハマチに口をつけない。
パウチにも見向きもしないので
またa/d缶を口に入れる。
やはり何回か飲み込むのに苦労する。
タワーの最上部に4時間ほど。
リーナルケアが好きでないみゃあだが
シリンジで飲ませる。
通常トイレまで行ってうずくまる。
息が荒い。

日にち変わって6月18日
大好物の味海苔が食べられない。
パウチ水はごくごく飲む。
呼吸が速い。小さな鼻音。
そばで撫でると、触られるのが嫌なのか
場所を移りうずくまることを繰り返し
結局タワーの最上部に約5時間。
朝。みゃあを降ろしパウチ水を飲ませる。
頭を支えられず顔が容器につかる状態。
また口が臭う。
8時おしっこをする。
呼吸が落ち着き熟睡する。
パウチ水、しらす水を休み休み飲む。
すりつぶした茹で地海老を少し食べる。
深夜近く、飲んだ水を吐く。えづく。
リーナルケアも受けつけず戻す。

日にち変わり6月19日
深夜おしっこをする。
モンプチ水を飲む。
ベッドで一緒に寝ていたが
早朝吐く。
点滴50ml。右。
体重2.66キロ
体温36.4℃
帰宅後ホットマットの上で寝る。

6月20日
みゃあ永眠。

スポンサーサイト
Posted by きょーこ
 
[お世話記録]  thema:ペットの健康・病気・怪我 - genre:ペット
2011年5月
5月17日
みゃあ、皮下点滴。
体重3.24キロ
前回3月20日 3.5キロ

この月のみゃあは
やはりあまり食べない状態。
ぼすが朝早くに起きて
缶フードを与えてくれるので
ほとんど吐くことはなくなったが
食べる量がぐっと減った。
突然思い出したように
置きごはんのカリカリを食べるときもあるが
トータルあまり食べれていない。
Posted by きょーこ
 
[お世話記録]  thema:猫と暮らす - genre:ペット
2011年4月
みゃあの様子は相変わらず。
ただ、食べる量は減った。
割と食べれる日でも量は少なくなった。
いかなごはすっかり食べなくなり
釜揚げしらすもちょっと飽きて
かにかまがブーム。
様々な種類の猫缶をとっかえひっかえあげる。
今日口をつけたからといっても明日はわからない。
カリカリをものすごく食べるときもあるし
本当にその時々でまったく異なる。
朝ごはんが遅くなると吐いてしまうので
ぼすがあげてくれるようになり
そうすると割とすぐ口をつける。
ごはんのタイミングは大事。
Posted by きょーこ
 
[お世話記録]  thema:猫と暮らす - genre:ペット
2011年3月
3月4日
わたるの膀胱エコー検査。
2月18日に見られた膀胱内の異物は
なくなっていた。結石の心配も消える。
引き続き抗生物質を飲ませていく。


3月8日
わたるの尿の検査。
PHは6だが、
まだ少し潜血反応がみられるとのことで
抗生物質を続けることとする。

3月19日
わたるの尿の検査。
PH6、潜血反応なし。
1ヶ月飲み続けた抗生物質を終了する。

3月20日
みゃあ、皮下点滴。
朝の空腹時に吐いた後も気分が戻らず
あまり食べられないことが多いので
吐き気止めの注射もうってもらう。
体重3.5キロ
前回2月 3.76キロ
軽い脱水症状状態。

この月のみゃあの食欲は色々。
頼みの綱のモンプチ高齢猫用缶フードにも
ほとんど口をつけないときもあれば、
フジのお徳用4缶パックを食べてみたり。
好物の釜揚げしらすを要らないといったかと思うと
置きっぱなしのカリカリフードを普通に食べたり。
焼いたいかなごは前ほど食いつかなくなったけど
猫用おやつのにぼしをガリガリと食べたり
その時々で食べ方が違う。

3月30日以降
みゃあの便が下痢気味。
Posted by きょーこ
 
[お世話記録]  thema:ペットの健康・病気・怪我 - genre:ペット
2011年2月
2月4日
みゃあ、ちび血液検査。

みゃあ 体重3.76キロ
前回2010年9月 3.96キロ
BUN44.3 CRE1.9
前回2010年8月
BUN45.0 CRE3.8


体重もほぼ変わりなく
腎臓数値も安定。

ちび 体重4.46キロ
前回2009年8月 6.1キロ
BUN37.2 CRE1.3
前回2009年8月
BUN34.9 CRE1.91


なんといっても体重が激減している。
腎臓数値にはあまり変化がない。

先生にそれぞれの口の中を見てもらう。
みゃあはやはり歯石がびっちり。
歯茎には化膿がなく臭みもない。
ちびにも歯石がびっちり。
そして両上の奥歯の根元が赤く化膿。
みゃあとは違い臭いを指摘される。
このところのヨダレと汚れは
この状況が原因だろう。
サンクロンを少しずつ始めてはいるが
もっと本格的に使おうと思う。

2月5日
みゃあちび。水素サプリのモニターを開始。
缶フードに混ぜて与える。

2月8日
最初は気にせず食べていた様子の水素サプリだが、
みゃあちび両者下痢の症状を見せ始めたと同時に
混ぜた缶フードを口にしなくなる。
下痢の影響か、みゃあの食欲が落ち
好物でもあまり食べない。

2月11日
みゃあちびの下痢はおさまり
みゃあの食欲も少し戻る。
サプリと下痢の関係が曖昧なため確かめる意味でも
止めていたサプリを少し混ぜる。

2月13日
早朝みゃあがケージの中でうんちをしていたが
鮮血がびっちりタオルなどに付いていた。
みゃあの様子を見るかぎりでは、食欲もそこそこあるし
「切れた」程度のものだと思われる。
ちびには変化なし。
水素サプリは、ちびはともかく、みゃあには
合わないと思われる。
念のため、ふたりとも使用を止める。

2月17日
前日からなんとなく感じていた
わたるへの不安が的中。
朝、トイレに何度も何度も入って
おしっこのポーズをとるが
濡れる砂は数粒。
夕方ある程度まとまった量のおしっこをする。

2月18日
わたる。やはり頻尿状態なので
朝採取した少量のおしっこを持って
帰宅後I病院へわたるを連れて行く。
わたる体重 3.78キロ
尿検査の結果、ストルバイト結晶が確認される。
PHは8、潜血反応あり。
エコー検査で膀胱内に気になる異物が見える。
出血をしているため血の塊かもしれないということ。
1週間後にまた診てもらうこととする。
感染を抑えるための抗生物質が処方される。
ロイヤルカナンPHコントロール2フィッシュで
PH値を改善していくことになる。
元気食欲ともに心配することはない。

2月23日
PHコントロールを嫌がるわたる。
そのせいか頻尿が治まらなかったのだが
5日めにしてやっと治まった。
いつもの回数いつもの量で
おしっこをするようになった。

2月25日
採れたてのおしっこを持って
帰宅後わたるを病院へ連れて行く。
尿検査の結果、結晶は発見されなかった。
PHは6。酸性側にかたむく。
抗生物質を飲んでいる影響なのか
食事改善の成果なのか現時点では不明。
エコー検査を始めるが、
膀胱内が空のため検査にならない。
翌週に持ち越し。
軽く潜血反応が残っているため
抗生物質がまた1週間分処方される。

2月27日
ドクターズケアのストルバイト処方食を
食べさせてみるといい感じで食べる。

この頃のみゃあは、ほぼ毎朝吐く。
白い泡の日、飲んだばかりの水を大量に吐き戻す日
日によって異なる。
缶フードを殆ど口にしない。
よってコバルジンも摂取できていない。
釜あげちりめん、かにかま、かまぼこ、ちくわ
口にするものがその時々で変わる。
意外にPHコントロールが気に入ったようで
日に数度食べている姿を見る。
いかなごを焼いたのが気に入ったようで
かなり食いつく。
Posted by きょーこ
 
[お世話記録]  thema:ペットの健康・病気・怪我 - genre:ペット
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。